お役立ちコラム

ペットの思い出の品をつくるなら犬・猫の毛・うさぎなどペットの毛を使ったチャームの作製がおすすめ~形見の残し方~

ペットの思い出の品をつくるなら犬・猫・うさぎなどペットの毛を使ったチャームがおすすめ

ペットの思い出の品をつくるなら犬・猫・うさぎなどペットの毛を使ったチャームがおすすめ

ペット思い出の品をつくるなら【豊橋筆 嵩山工房 匠-TAKUMI-】にご相談ください。

・うさぎなどのペットのを使った【PetCharm(ペットチャーム)】をつくっています。しっぽ風のバッグチャームのため、触れることでいつも身近に感じることができます。

二百年以上の伝統を誇る豊橋筆の匠が一本一本真心を込めておつくりさせていただきますので、安心してお任せください。

必要な長さと量の毛があればどんなペットの毛でもおつくりできます。

ペットとの思い出を残すために形見を残そう

ペットとの思い出を残すために形見を残そう

ペットを失った時、誰もが大きな悲しみに襲われます。しかし、亡くなったペットをずっと側に置いておくわけにもいきません。一般的にペットが亡くなると火葬をしますが、火葬をすれば残るのは骨だけ。それ以外は全て消えてしまいます。

そのため火葬後に何か残しておけば良かったと後悔する前に、形見を残しておくことをおすすめします。形見といっても生前付けていた首輪や一緒に遊んだおもちゃだけではなく、ヒゲや体毛なども形見として残すことができます。火葬の前にカットしておきましょう。

耳の後ろや胸元など毛の多い部分からカットしておくと良いです。毛はそのまま保管しておいても良いのですが、大切に残すのであればメモリアルグッズの作製をおすすめします。ペットの生きた証にもなりますので、飼い主の心の癒しにもつながります。

ペットの思い出の品は【豊橋筆 嵩山工房 匠-TAKUMI-】にお任せ

ペットの思い出の品は【豊橋筆 嵩山工房 匠-TAKUMI-】が真心込めておつくりいたします。犬や猫、うさぎなどのペットの毛を使った【PetCharm(ペットチャーム)】は、しっぽ風バッグチャームなので、身につけることでいつでもペットを身近に感じることができます。そして永遠の別れの時がきても、一緒に過ごした日々の思い出を甦らせてくれます。

大切な家族であるペットはかけがえのない存在だからこそ、悔いの残らないお別れの準備をしておきたいものです。ペットの毛で思い出の品をつくるなら、ぜひ【豊橋筆 嵩山工房 匠-TAKUMI-】にお任せください。

お役立ちコラム

ペットとの思い出の品を作るなら【豊橋筆 嵩山工房 匠-TAKUMI-】

工 房 筆の里 嵩山工房(すせこうぼう)
所在地 〒441-1111 愛知県豊橋市嵩山町下角庵1-8
電話番号 0532-88-2504
URL https://www.toyohashi-fude.com

【 店長日記 】

ご来店ありがとうございます。
店長の山崎和弘です。

当店で紹介している筆は、愛知県豊橋市の嵩山町にある工房にて伝統工芸士が製作したものです。
小さな工房ですが、筆の質・毛先の良さは一級品です。
どうぞ末永くよろしくお願いします。

※写真は、伝統工芸士:山崎亘弘です。
店長日記はこちら >>

ページトップへ